忍者ブログ
世界唯一みんなで作る暮らしの雑誌マザーアースニューズ/Mother Earth News (MEN) の日本語版。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たむさん和訳:お花と野菜のコンパニオンプランツ(その3)
生物多様性をそのまま尊重し、ひしめき合い妥協しあいながら生きる植物たちの状況に手を加えるイメージでしょうか?
http://www.motherearthnews.com/organic-gardening/companion-planting-zm0z11zhun.aspx

拍手[0回]

PR
【記事】たむさん和訳:お花と野菜のコンパニオンプランツ(その2)
植物それぞれ、日あたりの好み、細菌の好みも違う。相性の良い組み合わせなんですね。
http://www.motherearthnews.com/organic-gardening/companion-planting-zm0z11zhun.aspx

拍手[0回]

ココナッツ鉢植え。
小さな鉢植えのアイデア。
ステキです。

http://www.motherearthnews.com/city-farming/six-ideas-for-small-space-gardening.aspx

拍手[0回]

http://www.motherearthnews.com/organic-gardening/organic-pest-control-zm0z11zsto.aspx
By Barbara Pleasant
アンケートで、最終的に12の広まっている菜園の害虫を明らかにした。菜園家泣かせの害虫を。
これが、具体的な詳細。害虫をどうやって管理するかという具体的なアドバイス、そしてどの害虫が各地域でワースト1なのか詳細が含まれている。

1.ナメクジ類が、家庭菜園にいる最もやっかいな害虫の中で、栄えあるトップ。回答者の内55%が、ぬるぬるした生き物が毎年毎年トラブルを起こすと言っている。手でつまむのが、対策として高得点
を上げた(成功率87%)。続いて、りん酸(第二)鉄の餌食(86%)、けいそう土(84%)。卵の殻のバリアー(砕いて植物の周りに撒き散らした卵の殻)は、意見が分かれた。ナメクジ管理の方法として試した菜園家の中では33%の失敗率。家庭でできる簡単な療法として、広く支持されたものに、ビールのわながあった(成功率80%)。

もっと大きな捕食者(例えば、鶏、大きな蛇、鴨)に頼るのが、どうやら最も頼れる方法のようだ。菜園のナメクジ、更に様々な甲虫、ヨトウムシ、他の害虫も、長期的に管理できる。鴨は、聞くところによれば、切れ者のナメクジ監視人で、春と夏に菜園で働かせてあげたり、ペアで確保してその季節の間中、害虫管理のアシスタントとしてあなたを助てもらったりできる。

「腹ペコの鴨が毎日菜園を歩き回る私について来る。彼らはナメクジが大好きで、それを卵に変えちゃう」と、経験10~20年の米国東部地域の菜園家がコメント。米国北西部地域では、何人かのナメクジ戦争のベテランが、鴨は菜園家のベストな(そして最も愉しめる)方法で、ナメクジとの慢性的問題を終わらせられると言った。


tomato_hornworm_resized400X266.jpg

拍手[0回]

PREV ←  HOME
Copyright (C) 2017 マザーアースニューズ日本版 All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]